スタッフインタビュー

日産サティオ埼玉(2017年中途入社)

お客様係(事務)

自分の明るさを活かせる仕事

また来たくなるお店を目指して

基本的にはお客様対応で、事務仕事も行います。 事務仕事の内容は、お客様に貸し出す代車の管理や領収書に貼る印紙の貯蔵品管理、お金の管理といった内容です。 基本的にはお客様対応が優先で、来店されたお客様を笑顔でお出迎えし、店内へ案内してからお飲み物を出して営業担当へ引き継ぐという内容です。 お客様が入ってくるのが見えたら一番最初にお出迎えに行き笑顔で案内します。 お客様のご来店は予約制なので、事前に朝礼で「今日はこういう方が来るので対応しましょう」といったミーティングをして、漏れがないようにしています。 お客様の中には、車が動かなくなって困っているお客様や、埼玉北販売さんとか日産プリンスさんがお休みなのでお店に来ていただく方等、飛び込みの方もたくさんいらっしゃいます。日産グループの会社ではあるけど、サティオ埼玉に来てもらって初期対応をしっかりし、当店でもお客様とお付き合いができたらいいなという思いで、みんな一生懸命対応しています。 基本的に自分が一番最初にお出迎えに行くので「上尾店に来てよかったな」「また上尾店に来るね」と思ってもらえるような接客を心がけています。近隣の大宮店や鶴ヶ島店がある中で、上尾店に来られたお客様の第一印象で「このお店もう来たくないな」「感じ悪いな」と思われることがないように気をつけています。

自分の明るさを活かせる仕事

父の影響で小さい頃から車がとても好きでした。父は車がすごい好きで、車を色々と見に行ったり、乗ったりして車に関わることが多かったです。そういった経験があったので自分も車関係の職に携わりたいなと思いました。 日産以外の他メーカーさんも色々見ましたが、私は日産車のデイズルークスに乗っていて、日産車に興味があり、自分も日産のショールームスタッフとして働きたいと思ったことが応募のきっかけです。 事務作業もそうですが、人とお話する、コミュニケーションを取ることが好きで、プラス自分の明るく元気いっぱいの性格を活かせるような仕事ができると思えたので入社を決意しました。 職場のイメージは、活気に溢れていて明るいです。上尾店は他店舗と比べても規模が大きくて、入社した当初はバタバタした印象ですごく忙しそうにしていたイメージがありました。自分がこの職場環境でやっていけるか不安もありましたが、インカムを活用して連携も取れていたので自分もここで働いていけそうだなと思えました。とても仕事がしやすい環境です。 店舗内でわからないことはすぐ先輩に聞いたり、全部は聞かずに先輩がやってるのを見て自分なりにやってみたりします。 時には、営業さんに「この方を対応してみたい」とお伝えして、一緒についてもらい、実際にやってみて「ここは良かったけど、ここがダメだったから次はこうしよう」という形でご指導いただいていました。 自分が分からない整備のことに関してはiPadで調べることもそうですが、整備士さんに直接「これどういう商品なんですか」と質問し、知識を得るようにしています。 商品や整備内容の説明をする際には、同じ女性の立場で自分なりに理解して噛み砕いて、自分の言葉で説明するよう、試行錯誤しながらお客様にお話ししています。

お客様の言葉が活力に

私は19歳で入社して、もう5年以上勤めさせていただいており、お客様の車とお名前がわかるようになりました。お客様も私の名前を憶えていただけるようになり、お客様がいらっしゃって「今日○○さんいないの」 といったことが接客しててすごい増えてきました。 常連さんではないですが「いつもので」みたいな関係が築き上げられてきています。プライベートのお話をしたり、 お客様のお待ちの時間に飲み物のおかわりとついでに「最近どうですか」「体大丈夫ですか」といったようにお客様との距離感を縮められているのを感じます。 お客様が「○○さんいないの」「じゃあまた来るね」みたいな関係ができてきてるので、勤めててよかったなと思ったりします。 またお褒めの電話があったり、CSのアンケートに名前を書いてくれて「明るく挨拶して笑顔で出迎えてくれてよかった」などのお客様からのお褒めの言葉もすごく自分のやりがいになって、また頑張ろうという活力になってます。 私が入社した時のことを知ってるお客様が結構いらっしゃって「お姉さん、今いくつになったんだっけ」「長いね、頑張ってるね」「女の子が1人しかお店にいないのに、すごい頑張ってるよね」と直接お声がけいただけるのもとても嬉しいです。

悔しさが自分を成長させてくれた

入社した時は車種はわかるけど車の知識が全然ありませんでした。 お問い合わせを受けても「フロントの男性の人に変わって」と女性だから分からないという決めつけがすごく悔しかったです。そこで、車の知識や説明はある程度できるようにならないといけないと思い、物販に関しても勉強するようになりました。 それが実際活きていることをすごく感じるのが、お客様がご来店されて自分が他の人に繋がずに整備の方に指示を出したり、保険の継続や解約の初期対応をしたうえで営業さんに繋げられるようになった時ですね。 以前は物販をお客様係、TA、TS、営業の方々と誰が何ポイント取ったかを競い合っている時期があったのですが、お客様係の中で私が一番成績が良くてずっと1番になれるように物販をすごく頑張っていました。そのことを本部の方もちゃんと見ていてくれて、評価してくれたことはとても嬉しいですし、頑張ったかいがあるなと思えます。 今は店舗のやり方が変わって、お客様係がポイントを取って順位を決めるようなシステムじゃなくなりましたが、営業やサービスの方が物販のポイント取れるように、私がメインで動くのではなく、初期対応する時点である程度説明をして、お客様が満足して「このお店に来てよかった」と思って帰ってもらえるようにフォローをしていけたらなと気持ちで対応しています。 初期対応は今までと変わらずに「このお店に来てよかったな」と思ってもらえるように、笑顔で一生懸命お出迎えして頑張りたいです。

できないと決めつけない

これから入社される方は、最初は不安ばかりでできないこともたくさんあるとは思います。私もそうでしたが周りに流されないで、わからないことは自分から意欲的に聞くとか、頼まれたことだけをするのではなくて、意欲的に「何かやることありませんか」と聞いたり、チャレンジすることがすごく大切だと、自分が入社してからも思っていたので、常にいろんなことにチャレンジしてもらって、できないと決めつけず「これやってみよう」と可能性をすごい大切にしてもらえればなと思います。