スタッフインタビュー

日産サティオ埼玉 草加店(2018年入社)

カーライフアドバイザー 室井 義章

とにかくチャレンジする

やった分だけ自分に返ってくる

主に車の販売をメインとして、点検や車検のご入庫のご案内・受付、お乗り換えの提案や試乗のご案内を行っています。私は学生の頃に家具の販売員のアルバイトをしていました。その中でいかに販売実績を出していくかを考え、工夫していました。そして、その実績に応じて時給や待遇が変わってくるので、それなりの働きをすれば自分に返ってくるということがすごく嬉しかったです。また、お客様に満足いただき気分良くなっていただきつつ、自分の実績が上がっていくので営業という仕事にとても魅力を感じています。 日産サティオ埼玉を選んだのは、元々車好きで、日産車(特にスカイライン)が好きだったということはありました。埼玉県って車の所有台数が多く、マーケットがあるなと感じ就職活動する中で各社に話を伺う中で、日産サティオ埼玉は1人1人が担当するお客様の件数が1番多かったというのが理由になります。それだけ売れるチャンスがあると思ったためです。

責任感を持つようになった

車はお客様にとって大きな買い物です。購入後に何年も乗っていただく中で、ご家族のライフスタイルに合ったもの。そして、より快適な生活を過ごせたり、沢山の楽しい思い出を作っていただくことをお客様にイメージしていただけるように接客しています。 アルバイトの頃も接客販売としてやっていましたが、社会人になり、日産の営業マンになったことで気持ちの部分でもアルバイトとはやっぱり違うなと思いました。 アルバイトの時は販売後のフォローというのはなかったのですが、日産サティオ埼玉の営業として、購入後のフォローはもちろん、お客様にとって日産の窓口は私ということをより実感するようになりました。お客様と接する中で担当としてつくということの責任の重さを感じています。

先輩方から学ばせてもらってます

商談の中で、自分としてはまだまだスキルが足りていないと感じるところはあります。そういった時は先輩に商談の状況を説明し、その商談の中でどういう話の流れの持って行き方をすればいいのかを相談します。 先輩に相談することで、話の進め方やつなぎ方、提案の仕方など常に発見があります。人それぞれ話し方は違えども、丁寧に教えてくださるのですごく勉強になります。 また車の整備の知識においても、学生時代に自分たちで車いじりをしていたので素人なりに知識はある方だと思っていましたが、やっぱりプロの知識や目線とは全然違いました。実際に入社した後の知識の増加量というのは、学生の頃の比ではなく、営業という職種でも整備についてたくさん学ばせていただいています。もちろん今も学んでいる途中ですし、分からないこともまだあります。これからも仕事を通して学んでいきたいですね。 営業・整備に関わらず、学ぶことの楽しさを感じさせてくれる、相談できる環境があるのはとてもありがたいです。

お客様の快適なカーライフを第一に

業務の上、車を売らなくちゃいけないというのはすごくありますが、お客様とお話する中でどうやったらお客様のカーライフが良くなるかというところを第一に考えています。 根底にはその気持ちがないと商談できないと思うので、お客様とお話する時には常々そのことを意識して商談・提案します。 そのためにも、どういった用途で使用するのかといったヒアリングはもちろん行いますが、談笑するくらいのなんてことない話もしています。 そういった話の中でも、お客様の私生活が垣間見れ、お客様のニーズを汲み取ることができる、とても重要なことだなと思っています。 お客様が点検・整備の待っている間に楽しい気持ちになっていただき、笑顔で帰ってもらいたいなという気持ちで話しています。 上手くいく時も上手くいかない時もありますけど、私からの提案がお客様にマッチした時はすごく嬉しいなと思いますね。お客様が笑顔になってくれる瞬間、「ありがとう」って言われる瞬間はやっぱりすごく嬉しいですね。 ご夫婦のお客様から「室井さんから買って良かったね」って言ってもらって、「辞めないでよね」って言われたのが嬉しかったですし、すごく印象に残っています。

とにかくチャレンジする

うちの会社には、「スピード」「チャレンジ」「徹底」「責任」というスローガンがあります。その中でのチャレンジというのはいつでもできることだと思うので、そのチャレンジした先に「やっぱりダメだったな」とか、「これでいいんじゃん」というのはあると思います。私を含め就活性のみなさんにも是非いろいろなことにチャレンジしていって欲しいですね。僕もアルバイトでそういう実績を上げていくということにチャレンジしていかなければ、今こういう姿はないと思うので。何か好きなことでもいいですし、やったことがないことにチャレンジしていくということも大事にしてほしいなと思います。 不安があるからこそ、何かしら努力していかなければいけないし、努力した先にあるものを手にできることがあると思うので。自分に合う、合わないは実際にやってみないと分からないですし、合わなければ辞めて次のことを探せばいい。私はそれで別にいいと思っていいます。とにかくチャレンジしてみてほしいですね。